検索

なんでも習得は気持ち次第

英語を教えていて気になったこと、気づいたことをもっと皆さんに共有したい。



英語を教えているといろんな生徒さんに出会います。


4つに分けてみますね、


・学生時代以来初めて英語を学ぶ

・今までも習ったことはあり、もっと力をつけたい

・今までも習ったことはあるものの、上達を感じたことがない

・今まで英語を学んだ記憶なし、話せるようになりたい


職業や学ぶ目的はバラバラですが、皆さんはこのどれかに基本的には当てはまります。


そして皆さんが口を揃えて言うことは、


・「どうしたら英語を話せるようになりますか」

・「単語はどうやって覚えますか」

・「今まで習ってきても全然上達しないのはなぜですか」


答えは「本当に英語を習得したいと思えるかどうか」です。


語学の習得は簡単ではありません。

ちょっとやって、いきなり話せるようになんてなりません。


文法を学び、単語を増やし、使う努力をしていれば、力は自ずとつきます!


もちろん個人差はあります。なんでもそうです。

そして、個々にあった学び方もあります!(教室で聞いてください)


私(サチ)は最近ヨガに通っていますが、

体が硬いので他の人ができてるポーズをできないことももちろんあります。


だから私は目を閉じて、

「気にしない・自分の為にヨガしてるんだ・他の人はこの段階を努力して乗り越えたんだ」

こんな風に自分に話しかけます。

先生も優しくそんなことを言ってくれるので効果は大です。


急いでもいいけど、焦ってはいけない。学習は競争ではないです。

自分のペースを見つけてください。

まずは慣れ、そのうちスピードや正確性は自然につきます。


EZObaseの生徒さんも同じです。

やっぱり、高校生や大学生は学校でも英語に触れ、

EZObaseでも英語に触れるのでその分、上達が早いと思います。


でも、主婦の人、お仕事されている人も自己学習をしっかりやっている人はどんどん話せるようになります。たくさん自分で例文を作ったり、何か感じたことを英語にしてみたり、それがあっているのか、EZObaseにきた時に聞いてくれます。


英語を使いたい!とういハングリー精神を感じます。


最近は高校生のRちゃんがスキー場でアルバイトを始め、外国人のお客さんが多いらしく、英語を使う環境にいるためスピーキングが飛躍的に伸びました。


私たちもびっくりです!


そうなんです!

いかに英語を使おうとするか!!!!!!!!


英語を話せる人、上達をしてきている人たちは、英語環境を作り出します!見つけます!


そして、さらに上達をさせる人は、英語を直してくれる誰かがそばにいます。

EZObaseは生徒さんにとってそんな場の1つでありたいです。


私(サチ)はフランス語を習得中!自分で学び、使い、ヴィンスが教えてくれたり直してくれたりします。


ヴィンスも最近、日本語教室に通い始め、仕事以外は日本語を使うように頑張っています。


グローバル化の一歩先を、皆んなで進んでいきましょう!






0回の閲覧

© 2018 by EZObase, 札幌市

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon